アロマ検定関係

社団法人日本アロマ環境協会が行なっている資格制度は5種類あります。
検定2級、1級、アドバイザー、インストラクター、アロマセラピストです。
検定2級・1級は誰でも受験可能。
検定2級、1級では各々の対象精油の知識とかぎ分け試験が行なわれます。検定2級では10種類の精油、1級では20種類の精油が出題対象精油です。
インストラクターは全30種類の精油が試験対象となります。(かぎ分けはありません)

アドバイザーは検定1級に合格後、日本アロマ環境協会会員となり、協会主催の認定講習会を受講すれば、アドバイザー資格を認定されます。
インストラクター・アロマセラピストはアドバイザーの有資格者だけが受験できる上級試験です。年2回全国で試験が行なわれています。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

0